Windows


Windows 8.1 完全にシャットダウンする




Windows 8.1の「シャットダウン」は、XPや7のような完全なシャットダウンではなく、今までの「休止状態」に近い。
そのため、次に起動したときに起動速度は速いのだが、あまり長期間使用し続けていると動作が不安定になってくることがある。
XPや7のように、完全にシャットダウンさせるには、コントロールパネルから設定を変更する必要がある。


スタートボタンを右クリック
[コントロールパネル]をクリック
[電源オプション]を開く
[電源ボタンの動作の選択]をクリック
[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリック
UACが出たら許可する
[シャットダウン設定]の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外す
[変更の保存]をクリック

また、shutdown.exe を使ってシャットダウンすれば必ず完全にシャットダウンできる。
デスクトップにショートカットを作っておけば、これをダブルクリックするだけで完全シャットダウンができるようになる。

デスクトップを右クリック
[新規作成]→[ショートカット]をクリック
「shutdown.exe -s -f -t 0」と入力して[次へ]をクリック
適当な名前(「シャットダウン」など)を付けて[完了]をクリック




[ 戻る ]