Windows 7


Windows 7 で Trimコマンドを使う



Windows8以降のOSでは、デフラグ機能にTrimコマンドが統合されたので、HDDでもSSDでも意識することなく使うことができるが、Windows7のデフラグ機能にはTrimコマンドが統合されていない。
Windows7でTrimコマンドを使うには、コマンドプロンプトからコマンドを入力する必要がある。
実際にTrimコマンドがSSDに送られるのは、PCがアイドル状態になった時。
さらにSSDが未使用ブロックの消去をするタイミングは各SSDの仕様による。
なお、Windows7よりも古いWindowsにはTrimコマンド機能そのものがない。(サードパーティー製のツールを使用すれば可能)


1. スタートボタン→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリック
2. 「管理者として実行」をクリック
3. 「fsutil behavior set DisableDeleteNotify 0」と入力してエンターキー
4. PCを再起動する



[ 戻る ]