Windows


コマンドラインからWindowsをシャットダウン、再起動、スリープ状態、休止状態にする



Windowsをシャットダウンするためのコマンド。

shutdown.exe -s -f -t 0

解説:
-s: シャットダウン
-f: 起動中のアプリケーションを強制終了する
-t 0: 数字の秒数だけ待機する(この場合は0秒なので待機無し)


Windowsを再起動するためのコマンド。

shutdown.exe -r -f -t 0

解説:
-r: 再起動
-f: 起動中のアプリケーションを強制終了する
-t 0: 数字の秒数だけ待機する(この場合は0秒なので待機無し)


Windowsを休止状態にするためのコマンド。

powercfg -h on
rundll32.exe PowrProf.dll,SetSuspendState

解説:
powercfg -h on: 休止状態モードをONにする(すでになっている場合は不要)
rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState: サスペンド状態へ移行するモードでpowrprof.dllを呼び出し実行


Windowsをスリープ(スタンバイ)状態にするためのコマンド。

powercfg -h off
rundll32.exe PowrProf.dll,SetSuspendState

解説:
powercfg -h off: 休止状態モードをOFFにする(すでになっている場合は不要)
rundll32.exe PowrProf.dll,SetSuspendState: サスペンド状態へ移行するモードでpowrprof.dllを呼び出し実行

※ただし、この方法はハイブリッドスリープにはなりません。この状態でバッテリーが切れる・停電になるなどのトラブルが起きると、メモリの内容が失われます。



[ 戻る ]