Outlook Express


Outlook Expressのパスワードが保存できない



Outlook Expressのアカウント設定で、「パスワードを保存する」にチェックをいれているにもかかわらず、パスワードが保存されないことがある。これは、sysprepツールを実行する前にすでにプロファイルが存在するユーザー(Administratorなど)で発生する。sysprepツールを実行すると、SIDが変更されるのだが、SIDが変更されることによりProtected Storage Serviceが正常に動作しなくなるために起こる。解決するには、Protected Storage Serviceが使っているレジストリを消去すればOK。
※Administrator権限で行う必要があります。



01) [スタート]ボタンをクリック
02) [ファイル名を指定して実行]をクリック
03) [regedit]と打ち込み、エンター
04) [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage Provider]を開く
05) このキーの下にある "S" から始まるキー(かなり長い)を右クリック
06) [アクセス許可]をクリック
07) [追加]ボタンをクリック
08) 現在のユーザーを追加し、アクセス許可に[フル コントロール]を指定する
09) [Delete]キーを叩いて、このキーを削除する
10) PCを再起動する




[ 戻る ]