NAS


NAS(LAN HDD / ネットワークハードディスク)は何故デフラグできないのか



BuffaloのLink StationなどのNASは、デフラグしたくてもその機能がない。デフラグするためのソフトも見あたらない。
結論から言うと、こういったNASに対してはデフラグを意識する必要はない。
NASにはLinux系ファイルシステムが使用されていて、このファイルシステムはフラグメントがおきにくい仕組みになっているので、慣習としてデフラグが存在しない。
Windowsのようにディスクの先頭からギチギチに詰めてファイルを配置するのではなく、ディスク上に点在させる感じで配置するのがLinux系ファイルシステムの特徴だ。
Windowsからしてみれば、常に隙間だらけであり、「空き領域のフラグメント」を意図的に起こしているイメージ。
つまり「ファイル単位のフラグメント」は起きにくいが、「空き領域のフラグメント」は常に起きていると言える。
Windows的に言えば、「常に隙間がある」わけで、その状態を視覚化するとWindowsユーザーは「隙間を詰めたい!デフラグしたい!」と思うだろうが、それはWindowsユーザー特有の病気みたいなものだ。
ソースネクスト社の驚速デフラグ的に言えば、ファイルを書き込む度に「ステルスデフラグ」が働いているようなイメージで、「スペースデフラグ」はできない状態となる。
仮にLinux系ファイルシステムに対して無理矢理「スペースデフラグ」を行った場合、突然フラグメントが大量に発生するきっかけを作ってしまう。
そういったわけで、NASに対してはデフラグを行う必要が無い。
もちろんLinux系ファイルシステムが完璧なわけではないので、HDDの空き容量が無くなってくるとファイルのフラグメントを発生せざるを得なくなり、結果的にフラグメントは発生してしまう。
ただWindowsファイルシステムに比べると、その度合いがまったく異なるということであり、実用上NASの寿命まではデフラグの必要はない。
頻繁なデフラグが必要なのはWindowsファイルシステムの悪い点のようにも思えるが、Linux系ファイルシステムに比べると、デフラグを終えたばかりのWindowsファイルシステムのほうがアクセス速度は速い。
どちらが良い悪いというものではなく、Windowsはフラグメントを犠牲にしてアクセス速度を取り、NASはアクセス速度を犠牲にしてデフラグ不要という仕組みを取った、ということだ。



[ 戻る ]