Windows XP / 2000 / Me / 98


インターネットの写真や絵が表示されない・文字がおかしい・音が出ないなどの問題を予防する



HDDの容量が1~4GBの時代ならまだ良かったのだが、最近の数十~数百GBという大容量のHDDになると、インターネットのキャッシュファイルがGBの単位になってしまう。キャッシュが壊れてしまうと、写真が表示されないだの、文字がおかしいだの、様々な問題が出てくるようになる。これを防ぐための方法。

※インターネットテレビなどのコンテンツを利用するときは、キャッシュ容量を小さくしすぎると逆に問題が出ることがあります。詳しくはテレビを配信しているサイトをご覧ください。とはいえ、100MBもあれば十分観覧できるようです。

≪ADSL/CATV/FTTH などの高速回線向けの設定≫
01) IEを起動し、[ツール]→[インターネットオプション]を開く
02) [インターネット一時ファイル]の[設定]ボタンをクリック
03) [使用するディスク領域]の数字を50~100MB程度に変更する
04) [OK]をクリック
05) [OK]をクリック


≪電話回線/ISDN/PHS などの低速回線向けの設定≫
01) IEを起動し、[ツール]→[インターネットオプション]を開く
02) [インターネット一時ファイル]の[設定]ボタンをクリック
03) [使用するディスク領域]の数字を100~200MB程度に変更する
04) [OK]をクリック
05) [OK]をクリック




[ 戻る ]