Windows XP


Internet Explorer 6 が応答しなくなる



Windows XP Service Pack 2 がインストールされたPCで、Webにアクセスすると、Internet Explorer 6 が応答を停止することがある。この問題は、セキュリティ更新プログラム 942615 (MS07-069) のインストール後に発生する。 このとき以下のようなエラーメッセージが表示されることがある。

問題が発生したため、Internet Explorer を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
作業途中であった場合、その情報は失われた可能性があります。
この問題を Microsoft に報告してください。
Internet Explorer のエラー報告が作成されました。弊社では、この報告を製品の改善に役立てるとともに、匿名の機密情報として扱います。
エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。

アプリケーション名: iexplore.exe
アプリケーションのバージョン: 6.0.2900.2180
モジュール名: urlmon.dll
モジュールのバージョン: 6.0.2900.3231
オフセット: 0003b5ce


この場合、以下の手順で修復することが出来る。



01) 「スタート」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックし、regeditと入力し、OKをクリックする。
02) HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\ を開く
03) 「編集」メニューの「新規」をポイントし、「キー」をクリックする。
04) FEATURE_PROTECT_DECOMPRESSION_FILTER_FROM_ABORT_KB942367と入力し、エンターを押す。
05) FEATURE_PROTECT_DECOMPRESSION_FILTER_FROM_ABORT_KB942367を右クリックし、「新規」をポイントし、「DWORD値」をクリックする。
06) アスタリスク(*)を入力し、エンターを押す。
(アスタリスク(*)はUrlmon.dllファイルを利用するすべてのプロセスの名前を表す。もしUrlmon.dllを利用する個々のアプリケーションごとにこの変更を行いたい場合は、アスタリスクの代わりにそのアプリケーションの名前を使う。例えば、Appname.exeというような形になる)
07) アスタリスクを右クリックし、「修正」をクリックする。
08) 「値」のデータボックスに1を入力し、OKをクリックする。
09) レジストリエディタを終了する。

更新:2008/03/10



[ 戻る ]