Windows


MS Office2007(Word, Excel, PowerPoint)を起動すると「stdole32.tlb」と出る



ワード、エクセル、パワーポイントなどOffice2007を起動する度に「stdole32.tlb」というダイアログが出て、起動するまでに長い時間がかかるようになることがある。 レジストリ「HKEY_CLASSES_ROOT」のアクセス権が変更されることが原因。
マイクロソフトのSubInACLをダウンロードしてレジストリのアクセス権を修復すれば直せることが多い。



1) スクリーンセーバー・省電力設定を切っておく
2) Windowsキーを押しながら「R」を押す
3) 「regedit」と入力し、エンターキーを叩く
4) 「HKEY_CURRENT_USER」を右クリック
5) 「エクスポート」をクリック
6) 適当な場所に、適当な名前を付けて保存する
7) 同様に、「HKEY_LOCAL_MACHINE」「HKEY_CLASSES_ROOT」も保存しておく
8) ここをクリックしてSubInACLをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールする
9) スタートボタン→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリック
10) 「管理者として実行」をクリック(Windows 8.1は、PC→Cドライブ→「ファイル」→「コマンドプロンプトを管理者として開く」)
11) 下のコマンドをコピーして、コマンドプロンプト上で右クリック→「貼り付け」をクリック(「ユーザー名」は、あらかじめメモ帳などで自分のユーザー名に置き換えておくこと)

cd /d "%programfiles%\Windows Resource Kits\Tools"
subinacl /subkeyreg HKEY_CURRENT_USER /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=restricted=r /grant=ユーザー名=f /grant=restricted=r /setowner=administrators
subinacl /keyreg HKEY_CURRENT_USER /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=restricted=r /grant=ユーザー名=f /grant=restricted=r /setowner=administrators
subinacl /subkeyreg HKEY_LOCAL_MACHINE /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=users=r /grant=everyone=r /setowner=administrators
subinacl /keyreg HKEY_LOCAL_MACHINE /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=users=r /grant=everyone=r /setowner=administrators
subinacl /subkeyreg HKEY_CLASSES_ROOT /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=users=r /setowner=administrators
subinacl /keyreg HKEY_CLASSES_ROOT /grant=administrators=f /grant=system=f /grant=users=r /setowner=administrators

12) 終了まで数十分ほどかかるが、その間キーボードやマウス、電源ボタンなどに触らないこと
13) 終わったらPCを再起動する




[ 戻る ]