Windows 7 / 8.1


Windows10へのアップグレード通知を削除(非表示に)する



Windows10へのアップグレード通知は、たとえWindows10にしたくなくても、一度出始めたらずっと(2016年7月まで)出続ける。
理由あって現行のバージョンのまま使い続けたい、というときには鬱陶しくて仕方ない。
特定の更新プログラムをアンインストールし、以後勝手に入らないように設定することで、これを消すことができる。
手順は以下の通り。


1. Windows7の場合:スタートボタンをクリック→「コントロールパネル」をクリック

1. Windows8.1の場合:スタートボタンを右クリック→「コントロールパネル」をクリック

2. 「プログラムのアンインストール」をクリック
(表示方法が「アイコン」の場合は「プログラムと機能」をクリック)

3. 「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック

4. 検索窓に「KB3035583」と入力し、見つかった KB3035583 の更新プログラムをアンインストールする

5. PCを再起動する

6. (1.)の方法でコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」をクリック→「更新プログラムの確認」をクリック
(表示方法が「アイコン」の場合は「Windows Update」をクリック)

7. 「…個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリック

8. プログラムの一覧から「Windows 8.1 for x64-Based Systems用更新プログラム(KB3035583)」を右クリックし、「更新プログラムの非表示」をクリック」

9. 閉じるボタンをクリック



[ 戻る ]