X68000PRO2の電源をXVIに取り付ける(失敗)


「X68000 INSIDE」とか「X68000 OUTSIDE」とかの専門書を引っ張り出してきて、回路図を開く。
それにしても、なんで我が家にはこんなものが転がっているのだろう。
今回必要なのは、電源基板の配線図。
PRO2の電源をXVIで使うには、FDDへの電源はそのまま使用し、マザーとコントロール基板への+5Vと+12Vの配線を少しだけいじる必要がある。
PRO2はマザーとコントロール基板が一体になってるからあたりまえだけど。

もはや身内では某Jafka氏くらいにしか通じない内容になってきているが、ここまでの話を要約すると「PRO2の赤のうち1本をXVIの橙へ繋げ」となる。
ここから先はもう根気だけの勝負。
1本ずつリード線をワイヤーストリッパーでストリップし、捩ってから半田メッキ。
それを半田付け。
収縮チューブで保護。
延々とこれだけ分繰り返す。
疲れた。
こんな感じで接続完了。
テスト開始、電源投入!

し~ん・・。

はっ!?
私また何かやらかしましたでしょうか!?(続く)


[ 戻る ]