CITIZEN 機械式腕時計 風防キズの修復


またもや年季の入った腕時計。
もちろん機械式、しかも手巻き。
カレンダー機能が付いているが、リューズにカレンダー調整機能がない(!)
どうやって調整するかというと、午後10~午前1時の間をひたすら往復させる・・という原始的な方法。
いったいいつの時代のモデルなんだか・・。
ネジを巻けば普通に動くのだが、風防がキズだらけ。
時間はかろうじて分かるものの、カレンダーが殆ど見えない。
というわけで、用意しました超微粒子コンパウンド。
車用のもので十分です。
粒子サイズは0.5ミクロン。
ウエスにこのくらい付けて・・
ひたすら磨く。
時間がかかるのは覚悟して、何時間でも何日でも磨く。
ひとしきり磨いたところ。
今まで無かった艶が出てきた。
しかし、カレンダー部はまだまだ見えるようにならない。
というわけで、さらに磨く。
何週間でもでも何ヶ月でも(笑)磨き続ける。
一部の深い傷は残っているが、これを消すのは多分不可能でしょう。
文字盤もくっきり。
カレンダー部もこのくらい見えるようになれば十分。
艶も良い感じです。
高級感も少しは回復したかな?
明日の左腕はこれ・・でいこうかしら。


[ 戻る ]