SONY VAIO PCG-721 修理


VAIO PCG-721。
Pentiumの166MHz、Windows95プリインストールマシン。
電源が入らない状態になっている。
電源ボタンを押してもまったく反応せず。
まず光学ドライブを外す。
FDDとCD-ROMの排他利用になっている。
次にHDDを取り外す。
こういうタイプのマシンはHDD交換がしやすくて個人的に好きだ。
裏返して、ビスを外していく。
裏面のビスはすべて外す。
LCDの下側に小さなカバーがあるので、ここに小さめのマイナスドライバーを差し込んで起こす。
左右に1つずつ、計2つあるので、どちらも取り外す。
カバーを取るとビスが出てくるので・・
これを外す。
上面パネルを取り外す。
キーボードのフラットケーブルが2本あるので、どちらも取り外していく。
左のコネクタをマイナスドライバーで上方向に引き上げながら、ケーブルを引き抜く。
右側も同じようにしてケーブルを外す。
取り外したキーボード。
写真右上のCMOS保護バッテリーが妖しい。
横長で緑色の部品。
LCDへ信号を送るケーブルを外す。
左右1本ずつのビスで固定されているので、これを外してから・・
このように引き抜く。
ラジオペンチでバッテリーのコネクタを引き抜く。
取り外したCMOS保護バッテリー。
7.2Vのニッカド。
コネクタを見ると、液漏れを起こしていた。
マザーボード側にも腐食が見られる。
バッテリーを外した状態で電源を入れると問題なく起動したので、原因はCMOSバッテリーと判明した。
マザー側のコネクタを磨いて、バッテリーを交換すれば完全復活しそう。
とはいっても内蔵時計が狂う程度の問題しかないので、このままでも使えそう。


[ 戻る ]