COMPAQ Presario3200のHDD交換


Windowsユーザーの悪夢、あの「青画面」。
流石にNTFSとはいえども、終了作業中にコンセントが抜けると致命的なことになるもので・・。
ケースのカバーを取っただけでは、HDDは見えない。
FDDと光学ドライブの下に隠れている。
まず、FDDケーブルとIDEケーブル、それに電源ケーブルを抜いておく。
FDDと光学ドライブは、手で動かすと簡単に外れるようになっている。
少し浮かせると、その下にHDDが確認できる。
ここにHDDがある。
HDDのATAケーブルと電源ケーブルを抜く。
ステイがビス止めされているのでこれを外しておく。
ビスは1本のみ。
このツメを下に抑えながら、HDDを横にスライドさせる。
その後、上へ持ち上げるようにすると取り外せるようになっている。
HDDを取り出す。
ステイにビスで固定されているので、ビスを外し、新しいHDDと交換する。
交換後に同じところへ収納して完成。


[ 戻る ]