Pentium4マシンの製作


メインマシンを組み直すべく、パーツを購入。
今回は半端なケチをせずに、Intelで固めてみた。
チップセットもIntel純正。
堅実だなぁ。
CPUはPentium4の3.0AGHz。
LGAではありません(そこまで予算はないので-_-;)
よくよく考えたら、これっぽっちのものが2万円だなんて、ベラボーに高い気もする。
ま、宝石に比べれば可愛いものだ。
ソケットに嵌める。
ピンを折ってしまうとその2万円がパーになるので注意。
こんなかんじでOK。
ファン付ヒートシンクを取り付ける。
時代と共にえらくごっつくなってきている。
最近のCPUは、単位面積あたりの発熱量が原子炉級だと言われる。
この熱エネルギー、何かに流用できないものか。
ファンの電源コネクタを、マザーに差し込む。
これ忘れたらあっという間に熱暴走。
って忘れる人いないか。
メモリはDDR400をデュアルチャンネル。
512MB2枚差しでトータルで1GB。
色が同じスロット同士に差し込むとデュアルチャンネル。
色違いに差し込むとシングルチャンネル。
分かりやすい。
基本的にはCPUに近い方のスロットに刺すのが普通。
(だと思う)
ケース付属のファンは音がうるさいので、静かなものに交換してしまおう。
最近のケースはすごいです(その1)
マザーを固定するのが、なんとビスではない。
スナップキットのミニ四駆のごとく、「パチッ」と嵌る。
HDDはSeagate。
Ma*torでは2度ほどクラッシュで泣いたので、絶対Seagate。
シリアルATAの200GBを2個付け。
計400GBだが、最近はこれでも足りない。
最近のケースはすごいです(その2)
HDD固定が、なんとビスを一本も使わない。
差し込んでレバーを「ガッチャン」で完全に固定。
外すときはレバーを逆方向に動かすだけ。
涙が出てくるほど簡単。
シリアルATAはケーブル周りがとてもスッキリしていて良いですね。
スイッチ&LEDのコネクタ接続。
この辺が自組PCの一番楽しい所だ。
フロントUSBとか。
フロントIEEE1394とか。
配線は結局ぐちゃぐちゃになってしまうもの(爆)
ラックに収めて完成。
・・って、これからOSのインストールです。
OSにも妥協したくなかったのでXP Pro SP2。
やっぱり2000に比べるとやや安定度が落ちるものの、Home Editionよりは安定している。


[ 戻る ]