SHARP Mebius CB1M5 BIOS(CMOS)保護電池の交換


シャープのB5サイズノートPC、CB1M5。
BIOSの設定が初期値に戻ったり、内蔵時計が狂ったりといった症状が現れだした。
こういう場合は大抵CMOS保護電池の消耗が原因だ。
CMOS保護電池はメモリスロットの近くにあるので、まずはメモリの蓋を開ける。
メモリを増設している場合は、メモリモジュールを取り外す。
近くに見える赤と黒のコードがCMOS保護電池に繋がっている。
メモリスロットの近くに、小さなコネクタがあるので、これをラジオペンチなどで引き抜く。
CMOS電池は両面テープで固定されているため、このままコードを引っ張っても取れない。
本体前側のビスをすべて外し・・
隙間を作る。
この隙間から細めのラジオペンチを差し込んで、両面テープを剥離する。
あとは手で引っ張れば電池が出てくる。
一次電池のCR2032が使われているので、普通にホームセンターやコンビニで調達できるはず。
カッターナイフで保護チューブに切れ目を入れて、これを取っ払う。
端子とコードは流用できそうなので・・
ラジオペンチなどでゆっくり剥ぎ取る。
新品の電池。
適当なもので大丈夫。
専用電池ホルダーで、本体の隙間に入って、その上絶縁もしっかりできるような物があれば、それを使うのがベストなのだが、そんなお眼鏡にかなうものは無いので、超強力両面テープ。
端子・電池・端子、という具合にサンドイッチする。
しっかりと圧力をかけて丁寧に貼り合わせれば、電池の寿命が来るまでくらいは持つ。
あとは元合った場所に戻して完了。


[ 戻る ]