SHARP Mebius CB1M5 ACアダプタの修理


今回はACアダプタの修理。
SHARPのB5サイズのメビウス、CB1M5のもの。
特にメーカーや機種は関係ないけど。
無理な力がかかったり、持ち運ぶ際にきつくコードを縛っていたりすると、よくこの部分が断線してしまう。
断線だけでACアダプタを買い換えるのはもったいないので、修理することにした。
まずはこの辺りで切る。
端子を覆っている樹脂にカッターナイフを入れる。
割と柔らかいので、簡単に切れるはず。
ある程度切れたら、手で樹脂を全部剥がす。
取り出した端子。
次はコードをストリップする。
こんな感じ。
外側の線をまとめる。
中の線もストリップする。
絶縁用の収縮チューブ。
二通りの太さを用意した。
これを最初に入れておく。
半田付けして、収縮チューブで絶縁。
もう片方も半田付けの後、端子を覆うように収縮チューブで絶縁する。
仕上がり。
カッコは悪いけど、ACアダプタ買い換えることを考えれば十分・・でしょ?


[ 戻る ]