FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [6.1]


(コントロール基盤周辺の加工)
何故か「XVI FFXI仕様化計画の続きはどうなったんすかぁ~?」という問い合わせが後を絶たない(一部誇張有り)ので、一応現状を報告しときます。

ボディー加工後の隙間埋めに、エポキシパテを購入。
タワー片肺内部の放熱対策に、アルミ板も買ってみた。
まずはエポパテを同量ずつ切ってよく混ぜる。
柔らかくなるまで1分くらい、それから更に2分くらいよくこねる。
USBと音声入出力端子の周りにパテを盛って・・。
スクレーパで表面をならす。
スクレーパの正しい使い方ではないけど、たまたま手元にあったもので(笑)


[ 戻る ]