FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [6]


(ATX電源の加工)
スリムケース用の小型電源。
といえども、X68000の片肺に収まるほどコンパクトではない。
純正電源がいかにコンパクトに作られているかが良く分かる。
とりあえずファンを覆っている網を取り・・
ビス用の爪を起こす。
これでファンが取れるのだが、これでもまだ収まらない。
ファンを固定していたビスステイが邪魔なので、これを折り込んでおく。
さらにステイ全体を内側へ折り込んでいく。
ハンマーで叩いて、完全に折り込む。
両側とも同じように行い、とりあえずはこんな感じ。
でも、これでもまだ収まらない。
こんなところに出っ張りがあるので・・
これも内側へ折り込む。
とりあえず完成。
左側タワーにはこんな状態で収まるのだが、ファンを取り外しているため、とにかく発熱が心配だ。
うまく空気の通り道を作ってあげる必要がありそうなのだが、今のところ良いアイデアがない。
HELP、Jafka氏(笑)
左側タワーを閉じた状態。
ATX電源の高さは、計算されて作られたかのように、X68000の片肺とまったく同じだ。


[ 戻る ]