FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [3]


内蔵スピーカーのコネクタを交換する。
まずはニッパでパッツン。
ストリップ後に収縮チューブを入れて・・
ここのコネクタに刺せばOK・・と思いきや。
このマザー、スピーカー付いてるし( ̄□ ̄;)
主電源スイッチの配線。
そのままではツインタワーの中を取り回し出来ないので、延長コードで延長。
普通に半田付けして・・
収縮チューブで保護。
マイテスターです。
もう15年以上使っている年期もの(笑)
コントロール基盤の電源スイッチの配線を確かめる。
この方向ではなく・・
この方向でON/OFF切り替えができるようだ。
(写真上方向がX68000の正面側)
というわけで早速基盤に半田付け。
プラスもマイナスも関係ない(スイッチだからね・・)ので、適当に。
FDDのスリットがこのままでは光学ドライブが入らないので、広げる必要がある。
まずは罫書針でアタリを付けて。
ホットナイフで慎重に溶かしていく。
ホットナイフはゆっっっくり、少しずつ、一杯のコーヒーを飲みきる余裕くらい持って溶かしていこう。
焦ったら・・すんごい事になります。
このくらいまで切り取ることが出来たら、左右の端を素早く溶かす(ここは素早く)
と、このままではあまりに不格好だし、まだ光学ドライブが入らないので、微調整開始。
まずはカッターナイフで。
細かい所はヤスリで仕上げる。
この作業もとにかく時間がかかることを自覚して、ゆっくりと行う。
さもないと・・「パキッ」という音が周りの気温を4℃は下げる。
このくらいの幅があれば、光学ドライブのイジェクトも可能になりそうだ。
見て分かるように、かなりその幅が広がってしまった。
ドライブ0のスリットはそのまま残す予定。
冷却用の吸気口になりそうだし。
おまけ。
切り取ったX68000XVIのかけら(笑)

続く。


[ 戻る ]