FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [2]


ケース前面用のUSB&オーディオジャック。
邪魔な出っ張り(ビス用の穴が空いている)を、鋸で切り落とす。
X68000XVIの最下部前面、ヘッドホンジャックとジョイスティック用の穴。
ヤスリがけで縦の幅を広げる。
角は丸いヤスリで。
「JOY STICK」の文字が半分消えるくらいまで広げる必要がある。
仮組みしてみる。
位置はまあまあ、あとはマイク用の穴を空けなければ。
ピンバイスで下穴を作り・・
リーマで一気に広げる。
ヘッドホンジャックの位置が微妙に下にずれてしまうので、これもヤスリで広げている。
ジョイスティックポートからUSB端子が顔を覗かせているX68000。
イカスぜ(笑)
LED用のフラットケーブルをバラして、それぞれのリード線をストリップ。
こっちはマザー側の端子。
X68000の前面LED基盤の裏面。
16MHzLEDは2色仕様だ。
グリーンに光らせたいときは、Gアノードとカソードに接続すれば良い。
ストリップした線を半田メッキ。
基盤に直で半田付け(カッコ悪!)
ま、見えない所だからいいんです。
同じく、HDDアクセスLEDも半田付けする。
続く。


[ 戻る ]