FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [12]


(配線延長・塗装など)
タワーを組み上げてから、えらいことを発見してしまった。
電源ケーブルが、1.5cmくらい足りない・・。
他にもファンだのIDEケーブルだの、数センチ単位で足りないものがたくさん。
よくあることです(ギャグでなしに、こういうことって本当に良くあるんですよね)
流石伊達にツインタワーじゃないな・・とヘンに感心しながら、各々延長ケーブルを購入。
こうやって経費が嵩んでいくんですけど。
とりあえずバラす。
で、延長。
まあこんな作業、わざわざ写真に撮らなくても(笑)
コントロールボードに、Pカッターで切れ込みを。
こっち方向にも。
で、鉄鋸で切ると。
USBコネクタを付けた部分がどうしても基盤に干渉してしまうので、思いついた苦肉の策。
生まれて初めて、ICを切りました。
ICって、めっちゃくちゃ硬いんです!!
こんなに硬いとは知らなかった。
いったいどんな役割を果たしていたのかは知らないけど、さようなら。
後は力任せに折る。
もはや完全に「電子工作」で無いのは、誰の目にも明らか。
なんとも哀れなコントロールボード・・。
切り取った部分が、ものすごく意味ありげな回路に見えてしまうんですけど。
USBコネクタを付けた部分に、ペーパーをかける。
USB部分にマスキング。
オーディオジャックは、結局付けることが不可能でした。
黒のスプレーで塗装。
塗料はタレる寸前が最も美しいんです。
・・タレてますか?
気のせいですよ(笑)

あれ?
今回で完成する予定が・・。
To be continued!


[ 戻る ]