FFXIが快適に動くX68000XVIを作る [11]


(各種配線・タワー組み上げ)
HDDの配線にかかる。
ツインタワーを考慮して、シリアルATAをチョイスしたが、これは正解だったと思う。
DVDドライブはノート用なので、これにIDE変換コネクタをかまし、同時に電源も配線する。
配線を通すための穴。
ちょうどよくX68000にはツインタワー同士を繋ぐかのように窓が開いている。
が、真ん中の敷居が邪魔なので切り落としておく。
マザー側も切り落とす。
まず、HDD・光学ドライブ側のタワーから配線を出す。
シリアルATAとDVDドライブの配線も同時に引っ張り出す。
この時点でギリギリ感が・・。
片肺を組むとこんな感じに。
さらにマザー側タワーへ、配線を持ってくる。
狭いので慎重に。
両肺ともに組上がった。
HDDを外側からビス止めしたので、ちょっと格好悪くなってしまった。
しかし、XVIの「POWER TO MAKE DREAM COME TRUE」はちゃんと残せた。
キャリングハンドルも、もちろん可動する状態だ。

次回で完成予定。


[ 戻る ]