とりあえず素組(繋げてるだけ)


とあるプロジェクトを発動させるための下準備をすることになった。
詳しいことは、今後のレポで明確になる・・はず。
(X68000XVI修理の続きです)
電源BOX。
ま、まさかこれだけのために上のスリムケースを購入したのか?とお疑いのアナタ!
その通りですっ!
CPUはAMD社の940pinくらいある、64bitのアレ。
ピン数多すぎ。
しかもバルク品だったし、2本くらい曲がってるし、ソケットに嵌めるだけでピンセット持って30分くらい格闘したような気がする。
シリコングリスをたっぷりと塗ってあげよう。
注射器に入ってるから、流行りのカッパーパウダーとか入ってるのかと思ったら真っ白でした。
今回使用するパーツで一番胡散臭いと思われるのが、やっぱりコレでしょう。
なんと今時ファンレスのヒートシンク。
なんかちょっと曲がってるし。
しかも銅100%、ものすごく重い。
マザーに初めから付いているヒートシンク台に収まらない。
まずこの台を取り外し、ダイレクトに設置。
と思いきや、今度はコンデンサが一個邪魔してくる。
あれこれ配置を考えて、ようやく決まった。
手持ちのビスとワッシャ、それにスプリングワッシャをこんなかんじに組んで・・
これで増し締め。
トルクはスプリングワッシャがギリギリ潰れるくらい。
これ以下でも以上でも冷えなかったりマザーが割れたりしそうなので。
万が一、熱暴走のことを考えて、ファンを排気方向でラジアルマウントする(置いただけ)
メモリはDDR400CL3・256MBを2枚差しでデュアルチャンネル。
まあ、基本ですね。
ソケットが2本しかないので、何も考えずに刺すだけ。
HDDや光学ドライブのステイとか。
ワンタッチで、設置しやすいようにチルトする。
最近はうまく出来てるなぁ。
しかし、使用する光学ドライブは何故かノート用。
コネクタが専用設計なので、このままでは接続出来ない。
というわけで、こういう妖しいもの(変換コネクタともいう)を用意する。
結構見た目は綺麗に繋がった。
しかし、全体像は凄いことになっている。
が、気にしたら負け。
この状態で起動→OSインストール。
うまく動きました。
よし、さっそくバラすぞ!
以下次号。
[ 戻る ]