CDラジカセの分解(ついでに掃除)


ジャンクのPanasonic製CDラジカセ(93年製)を入手した。
テープ再生がうまくいかない。
というわけで早速分解しよう。
パナのこのシリーズは、ビス穴がやたらと深くてとんでもなく遠いところにビスの頭がある。
普通に覗いても視認することができないくらい深い。
というわけで、こういうものを用意しました。
通常の長さのプラスドライバでは届かないのね。
この時点でスピーカーケーブルを引きちぎる輩対策か、中間にコネクタが挟まれていて、キレイに前後2つに分かれた。
以前91年式のモデルを分解したときは、スピーカーケーブルの取り回しに苦労したものだが、今回その点では楽そうだ。
テープ走行ユニットには特に損傷は感じられず。
大抵カセットテープの不調というのは、このヘッド部分と、キャプスタン・ピンチローラ部位。
11年前のモデルとはいえ、当時はアナログ機器の小型化全盛期。
オートリバース用回転ユニットの上に、再生・録音ヘッドとイレーサー(磁気消滅器)が並んで配置されている。
近所のパーツセンターにあるヘッドでは大きすぎて使えない。
このパーツを入手しなければ修理は難しい。
松下に問い合わせてみるか・・。
ついでに各部の掃除をしようと(11年もののホコリが層になっていてすごいことに^-^;)、ツィータをみてみると。
ちょっと松下さん!?・・これってひょっとして・・。
「圧電ブザー」ちゅーやつでは?
しかもウーファーと直に並列配線ですか?
ハイパスフィルターも無しに!?
いくら廉価版モデルとはいえ、これはいいかげんな設計・・・のような気がするんですけど。
電源用トランス。
この辺はいろいろと使えそう(昇圧して何をしようとしてるんだか-_-;)
直らなかったから、部品取りにしよう。
CDのピックアップユニットは生きているので、CD再生機としてなら問題なく使用できそうだ。
ただし、CD-RWは認識せず。
今回はとりあえずこのくらい。
今後活用方法を考えていこう。


[ 戻る ]