SHARP Mebius CB1M5 CPUファンをUSBに直結


シャープのB5型メビウス、CB1M5。
購入してから5年にもなるといろんなところが壊れていく・・。
今回はCPU温度を感知するサーミスタの故障なのか、CPUファンがまったく回らなくなってしまった。
CPU温度が上がりっぱなしなので、すぐ熱暴走してブルースクリーンやリブートという現象が。
とりあえず、CPUクーラー部分のビスを外す。
ヒートシンクはビス留めしてあるのだが、テープでビスが隠れている。
このテープを剥がす。
こちら側も同様に。
4本のビスで固定されているので、これを外す。
あとは手で持ち上げ・・
CPUファンの電源コネクタを外す。
ヒートシンクを取った状態。
AMDのDuronが見える。
CPUファンの電源コネクタを落とす。
絶縁チューブを剥ぎ取って・・
赤と黒のコードをストリップする。
適当なUSBケーブルを切断し、これもストリップする。
USBケーブル4本の中から、電源線を半田付け。
極が違うとファンが回らないので注意。
収縮チューブで絶縁する。
さらに絶縁テープで保護。
ヒートシンクのCPU接触部位を拭いて・・
CPUのコアも拭いてキレイにする。
シリコングリスを塗布。
ヒートシンクにも。
ヒートシンクを元合った場所に設置。
このままでは蓋が閉まらないので・・
コードに干渉する部分を切断する。
ヤスリがけ。
しなくてもいいけど。
これで蓋が閉まるようになった。
元通りにビス留めする。
完成。
CPUファンが休み無く回り続けるようになったけど、熱暴走するより100倍マシです。
今のところ問題なく動いてくれてます。


[ 戻る ]