SHARP Mebius CB1 M5 HDDをCFに換装してみる


最近、SSDが流行っているのでやってみました。
ターゲットマシンは手元にあったメビウス。
B5サイズのCB1 M5。
HDDには裏面からアクセスできるタイプなので、実験にはもってこい。
HDDカバーのビスを外す。
まずはこのHDDを取り外す。
コンパクトフラッシュ←→2.5インチIDE変換アダプタ。
ちなみにここで購入。
4GBのコンパクトフラッシュを差して・・
HDDのコネクタに接続する。

結果、Windows XPはインストールできたけど、起動に20分くらいかかってしまうのでとても実用域ではありませんでした。

NAND型フラッシュメモリは数KB~数十KB単位での書き込み・数十KB~数百KBでの消去しかできないからでしょう、ランダムアクセスすると異様に遅くなります。

しかもXPからは「ローカルディスク」ではなく「リムーバブルディスク」として認識しているので、ページングファイルを作成できず、ほぼ常にメモリ不足状態。

実用域ではないようです。
SSDの速さを再認識。


[ 戻る ]