IBM Aptiva type 2165 BIOS電池の交換


分解手順は省略。
BIOSのCMOS保護用電池は、ドライブ類ステイの下に隠れているので、ステイを外しておく。
自作PCマニアにはお馴染み、リチウムコイン電池CR2032なので、入手は非常に簡単。
最近は100円ショップでも2つ入りで売られているし。

手では簡単に外れないので、まずマイナスのマイクロドライバーなどで抉って少し浮かせる。
先端の細いラジオペンチなどで慎重に取り外す。
これ、消耗した電池だからいいけど、新品の電池をこうやって挟まないように!
せっかく買った電池がカラッポになってしまいます。
買ってきたCR2032を入れてできあがり。
あとは組み立てるだけ。


[ 戻る ]