電源ファンがうるさい


電源BOXのファンが、やたらとうるさい。
ノイズというよりも音程のある音で、「ヴーっ!!」という感じ。
ファンの軸受けが削られて楕円形になると、このような耳障りな音を出し始めることが多い。
この電源BOXにはファンが2つ付いている。
こちらは排気側(PC本体の背面側)
こちらが吸気側(PC内部のマザーボードの上辺りに位置する面)
どちらかのファンの軸受けが原因だと見当を付けて、いざ分解。
まずはドライバーで。
4本のビスを外すだけで簡単にカバーは外れる。
まずは排気側のファンを取ってみる。
実際に回してみないと分からないので・・
このように置いて・・
電源投入(危ないので良い子はマネしないでね)
「ヴーっ!!」
これだ(笑)
うるさいどころか、なんか跳ねてますよ・・。
どれだけ軸受けが歪んだらこうなるんだ。
原因が分かれば後は簡単。
新しいファンに交換するだけ。
コネクタから交換できれば楽なのだが、この電源BOXは基盤に直付けなので仕方ない。
リード線の途中からニッパで切って半田付けしかなさそう。
コードの先をストリップして・・
収縮チューブを入れてから、半田付け。
さらに収縮チューブを収縮させるため、ライターで炙る。
こんな感じ。
後は元の場所に新しいファンを置いて・・
排気口の網と一緒にビス止め。
カバーも元通りに組み立てて・・
ケースに設置。
かなり静かになりました。
ファン一個のために電源BOX買い換えなんて勿体ないですもんね。


[ 戻る ]